あつみ珈琲のコーヒーは、しっかりコクがあるのに、
なんで雑味のない澄んだ味なんですか?

とても飲みやすいのに、薄くなくて
コーヒーの味がしっかりしているのはなぜなんですか?

今まで、ミルクと砂糖を入れてしか飲めなかったのに、
ここではブラックで飲めるのはなぜ?!

そうお客様に声をかけていただくことが多いです。

そのひみつは・・・・

あつみのひみつ その2

本当に品質のよい豆を使っています。

味わいを重視してプロが厳選した『スぺシャルティコーヒー』を使用しています。

あつみのひみつ その2

徹底した豆の管理、いい珈琲豆のみを厳選選別しています。

あつみ珈琲の珈琲豆は、豆本来の味を大事に考えるため、
焙煎前、焙煎後にハンドピックで徹底的に欠点豆を除いています。

あつみのひみつ その3

焙煎にこだわっています。

珈琲豆には水分が含まれています。
この水分がきれいに抜けないと、ふっくらとした美味しい豆には焙煎できません。

あつみ珈琲ではその日の天気、気温、湿度などによって変化する豆や焙煎機の状況に応じ、
一番美味しく豆が焼けるよう徹底管理しています。

あつみのひみつ その4

鮮度を大事に考えています。

コーヒーは生鮮食品です。
朝採り野菜が美味しいように、鮮度のいい珈琲豆は風味、香りともによく、美味しいものです。

あつみ珈琲では、焙煎したての鮮度のいい豆のみを販売しております。

あつみのひみつ その5

真空パックでは販売しません。

焙煎したての鮮度のいい豆は炭酸ガスが発生しています。
そのため、真空パックにしてしまうと、袋の破損、破裂が起こります。

是非ご自宅では、以下の保存方法などを参考にし、お早めにお召し上がりください。

このひとつひとつが、あつみ珈琲のおいしさのひみつなんです。
すべてはお客様に美味しいコーヒーを味わっていただくためのこだわりです。

コーヒーの保存方法と美味しい淹れ方

保存方法

コーヒーの香りや風味をキープするには、「真空容器に入れて冷蔵保存」が一番です。真空容器がない場合、密閉できる厚手のビニール袋に入れて冷凍保存がおススメです。
常温に戻してからご利用ください。

※珈琲豆は生鮮食品です。上記の保存方法で、豆の場合約1ヶ月、挽いたもので1週間程度風味を維持することができます。

美味しい淹れ方

  • 1.ドリッパーに淹れた珈琲の粉をならす
  • 2.お湯を置いていくように、少量のお湯を全体にかける
  • 3.全体が湿った程度で30秒ほどおく(蒸らし)
  • 4.中心にのの字を書くように静かに湯をそそぐ。周りの土手は崩さない
  • 5.適量抽出したら、最後まで湯が落ちないうちにドリッパーを外す