たまにお客様から

「なぜ焼きあがった後に、珈琲豆を窯から出して回しているの?」

と、焙煎機についてご質問を受けます。

珈琲豆は、焙煎後は200度以上の高温で焙煎されているため、とても熱いです。

熱過ぎて、珈琲豆自身の予熱で、窯から出してそのままだと焙煎が進んでしまいます。

せっかくベストなタイミングで窯から出しても、これでは美味しい珈琲豆にはなりません。
そのため、冷却箱で撹拌しながら豆を急速冷却します。

冷却箱の下からも風が出ており、これで美味しい焙煎度合いをキープするのです!!

20160826