世界にはいろいろな珈琲がありますが、その中でも希少で、なかなかお目にかかれない珈琲があります。

「死ぬまでに一度は、本物を飲んでみたい」と言われる
『コピ・ルアック』、別名『ジャコウネココーヒー』をご存知ですか?

そのあまりの希少価値ゆえに、多くの偽物も出回っている、幻のコーヒーです。

これは、インドネシアに生息する「ジャコウネコ」からもたらされます。
彼らの分泌物は香水にも使われ、麝香から採れる香料に似ています。

このジャコウネコ、完熟したコーヒーチェリーのみを食べ、
体内酵素や腸内細菌が作用し独特の香味を生み出します。

珈琲豆は消化されず排泄されます。それを集めて、丁寧に洗浄、精製したものが『コピ・ルアック』。

この様な経緯で採れる豆なので、非常に希少で高価。このため、偽物や、混ぜ物なども多いと言われています。

場合によっては、ジャコウネコを閉じられた環境で飼育し、
完熟していないコーヒーチェリーを食べさせて、強引に採取したものもあるそうです。

是非、独特な芳香を持つ『コピ・ルアック』、お楽しみください☆

20160724