インドネシアの『マンデリン』って、
何故『マンデリン』って言うのかご存知ですか?

『マンデリン』(英:Mandheling)は、インドネシアのスマトラ島の
一部地域で栽培される、コーヒー豆の銘柄なんです。

病害に強いロブスタ種が多いこの地域で、病害に耐えたアラビカ種を元に、
現地のマンデリン族が主導で栽培を行ったことが『マンデリン』の名の由来のようです。

『マンデリン』はトラジャと並び、世界でも名の通る高級銘柄で、
酸味が少なく豊かなコクと苦みが好まれています。

しかし、生産量はインドネシア全体の5%程度の為、希少価値の高いコーヒーなんです。

ちなみに、インドネシア語でコーヒーは【kopi】と言います。

インドネシア流コーヒーの淹れ方は、ガラスのコップに
深煎りの細挽きコーヒーと砂糖をたっぷり入れお湯を注ぎます。

かき混ぜたのち、粉が沈んだら上澄みを飲むというスタイルです。

是非、お試しあれ(^_^)

あつみ珈琲は、インドネシア語では【kopi Atsumi】です。

まとめ:マンデリンはマンデリン族が名前の由来。

あつみ珈琲のfacebook ←はココをクリック ʕ•ᴥ•ʔ

福岡県北九州市片野1-1-10
自家焙煎 珈琲専門店 あつみ珈琲
093-982-3465
モノレール香春口三萩野より徒歩4分

インドネシア