今日は、コーヒーに最もよく合う、
チョコレートのティスティング方法をご紹介します☆

①視覚
最初に、チョコレートをよく見ることから始めてください。
その艶や輝き、そして色を観察してください。
色はミルキーベージュからピュアなマホガニー、
深いダークブラウンまで、多岐にわたっています。

使用されているカカオ豆の種類によって異なりますので、
産地や品種などが異なるチョコレートが数種類あると違いがよくわかります。

②嗅覚
次に、チョコレートを嗅いでください。
深く息を吸って、心と体をそのアロマで満たしてください。

③聴覚
チョコレートを指で細かく割って、その音を聞いてください。
温度管理が重要で、適温で保存されているとパリッとよい音をたてます。

④味覚
最初にチョコレートを少しかじってみることから始めましょう。
それを舌の上で溶かして、最初の風味と香り、さらにその一貫性を味わってください。

舌をやさしく上あごにすべらせると、チョコレートの温度が
ゆっくりと上昇し、その結果、チョコレートの風味と香りが昇華します。

チョコレートの香りはカカオバターの中に含まれているため、
口に含みチョコレートが溶けることで感じられます。

その香りが解き放たれる瞬間に、鼻からやさしく息をだし、
そしてしっかりと吸い込んで、フローラル、フルーティー、
スパイシーといった多彩で香りを体験してください。

口笛を吹くように息を吐いてから、口の中に空気を吸い込むと、
舌と上あごの動作によってチョコレートから引き出された香りは
まとめて鼻の方へと上っていきます。

少し時間をとって、舌に注意を集中させて、さまざまな風味を感じ、味わってください。
まずは酸味、そして少し長めに待ってみると、苦味を体験できるかもしれません。
もう一度チョコレートを口に含み、テイスティングしてみましょう。

今度は、鼻に注意を集中させて、香りを感じとっていきます。
ワインと同じく、最初に感じられるのは
もっとも揮発性の高い香り(ファーストノート)です。

これらの香りは瞬間的で、すぐに消え去ってしまう
花やフルーツの香りを感じ取っていただけます。

その次に現れる香りは、ボディノートとして知られています。
基本的にローストアーモンド、トーストしたパンの耳、
スパイスミックスなどといった温かみのあるアロマです。

もう少しじっくりとテイスティング体験を続けると
ラストノートとして、余韻として長く感じられる
チョコレートの香りを堪能することができます。
多くは、ウッディやローストしたカカオニブ、麦芽のような香りなどが特徴です。

是非一度、五感を刺激し、テイスティングの旅をお愉しみください

参考文献
http://www.valrhona.co.jp/

まとめ:チョコレートの世界はコーヒーの世界同様、奥が深い

あつみ珈琲のfacebook ←はココをクリック ʕ•ᴥ•ʔ

福岡県北九州市片野1-1-10
自家焙煎 珈琲専門店 あつみ珈琲
093-982-3465
モノレール香春口三萩野より徒歩4分

IMG_2808a